KABAG_ママ、お出かけ、バッグ本文「子どもとのお出かけがもっと楽しくなる!ママのためのバッグ選び」

ママのバッグ選び

「近所に子どもとお出かけするとき用に、なにかいいマザーズバッグないかな」
「子どもがいろんなものを触っちゃうからすぐ拭いてあげたいけど、今使ってるバッグはサッと取り出せなくて……」
「現金しか使えないとき、お金のことをしてると子どもを見てあげられなくて焦る……」

自由に動き回る子どもとのお出かけは、新鮮な気持ちにもなってとても楽しいですよね。一方では、好奇心旺盛なだけにいろいろなモノに触ったり、ちょっと目を離したすきに視界から消えてしまったりするので、しっかり見ていてあげたい時期でもあります。

親子手繋ぎ

子どもと一緒に遊んだり散歩したり、遊ぶ姿を見守っている時間は、とても幸せなもの。

ただ、お出かけ中に現金が必要になったり、手やテーブルをキレイに拭きたいとき、活発な子どもを気にしながらとなると、ちょっと大変だなと思ったこともあるのではないでしょうか。

今回は、そんなママやパパたちにピッタリのバッグについて、選び方のポイントをまとめてみました。自由に歩き回る小さなお子さんともっと楽しくお出かけする、そのヒントになればうれしいです。

※この記事は、「ありそうでなかった、あったらいいな」を具現化するバッグ研究家が監修しています。

目次

ママと子どものお出かけにオススメのバッグはどれ??

ベビーカーも不要になり、歩けるようになった子どもとのお出かけは、新鮮な発見もあってとっても楽しいですよね。赤ちゃん時代とはちがって、おむつや着替えなど、ママの荷物もずいぶん減ってきます。

「手持ちのバッグに必要なモノが入らない」ということもなくなったことでしょう。

けれども、一人で出かける場合との違いに気づいてきて、「子どもとのお出かけにはもうちょっと気のきいたサイズのバッグが欲しい」と思っていませんか。

コンパクトなのに欲しい機能がついていて使いやすく、子どもとも身軽に遊べて、できればちょっとシンプルでおしゃれ。そんなバッグがあったら、子どもとのお出かけがもっと楽しく、素敵な時間になりそうですよね。

子どもとのお出かけの荷物にはどんなものがある?

ピッタリなバッグを見つけるために、まずは子どもとのお出かけに持っていきたいアイテムを確認してみましょう。
たとえば公園や近所にお買い物に行くとしたら、それほどたくさんの荷物は必要ないでしょう。

・お財布
・携帯電話
・カギ
・ハンカチ・ティッシュ
・マスク
・除菌グッズ

基本的にはこんなところでしょうか。

マスクや除菌グッズは、ここ数年でお出かけの必需品になりました。ウェットティッシュは以前から持ち歩くママも多かったですよね。最近では、除菌効果のあるものや除菌スプレーを持っていると、フードコートのテーブルや子どもの手などの汚れをいつでもサッと拭けて、より衛生的で安心なので、持ち歩くママも増えたようです。

テーブル拭く

ほかにも、おやつや水、子どものお気に入りのおもちゃなど、必要に応じて増える荷物もあるでしょう。そういう荷物の大きさや重さをなんとなくでもイメージすると、「ちょうどいいバッグ」選びの助けになります。

ママのお出かけバッグに必要な条件4つ+α

次は、バッグの機能を見てみましょう。子どもとのお出かけバッグには、どんなものがあったら便利でしょうか。

まず、前の項目で確認した「必要なモノ」が入ることが第一条件です。色や形が気に入っていても、必要なモノを入れられなければ意味がないですよね。また、出先で増えたものなどを入れるちょっとした余裕もあるとさらに便利でしょう。

次に、できれば両手がフリーに使えるもの。道を歩くときは手をつなぎたいですし、子どもが疲れたらだっこをすることもあるでしょう。そんなとき片手がふさがっていたら大変ですよね。加えて、子どもとのお出かけには予期せぬアクシデントがつきものと言えるかもしれません。とっさの出来事にもすぐに対応できるように、いつでも両手が使える状態でいたいものです。

また、荷物を気にすることなく身軽に動けることも大切ではないでしょうか。動きを邪魔することなく貴重品を身につけておければ、心置きなく子どもと自由に遊ぶことができます。持ってきたモノをすぐに使うこともできるので、子どもを待たせたり、取りに行って目を離してしまうといったこともないでしょう。

それと関連して、必要なモノを手早く出し入れできることも重要なポイントです。子どもに目を向けながらササッとしなければいけない場面は、意外に多くあります。モノの出し入れに手間がかかると、それだけ子どもに注意を向けられなくなりますし、ストレスになってしまいますよね。

・「必要なモノ」が入る
・両手がフリーに使える
・荷物を気にすることなく身軽に動ける
・必要なモノを手早く出し入れできる

この4つが子どもとのお出かけバッグに欠かせない条件になりますが、ママや子どもの状況によっては、まだ必要なことがあるかもしれません。

自分にとって一番使いやすいバッグを見つけるために、ほかにも大切な条件がないか、一度考えてみてくださいね。

収納

ママ&パパのためのバッグの種類と特徴

次は、バッグの種類について見てみましょう。

バッグには手提げ、トートバッグ、ショルダー、リュックサックといった種類があります。「子どもとお出かけする場合」の、それぞれのメリットとデメリットにはどんなものがあるでしょうか。

簡単に見てみましょう。

種類メリットデメリット
手提げ・着脱が簡単 ・モノの出し入れがしやすい・とっさに行動しづらい ・持ったままでは子どもと遊びづらい ・置き忘れが心配
肩掛けトート・着脱が簡単 ・モノの出し入れがしやすい・片方の腕や肩に負担がかかる ・持ったままでは子どもと遊びづらい
ショルダー・着脱が簡単 ・モノの出し入れがしやすい ・両手が自由に使える ・身につけたまま子どもと遊べる・重いモノを入れると肩に負担 ・容量が少なめ
リュック・モノがたくさん入る ・両手が自由に使える ・体への負担が少ない・着脱に手間がかかる ・モノの出し入れがサッとできない

それぞれ特徴がありますよね。

これを参考にして、「自分にとっての使いやすさ」のポイントを外さないバッグはどれか、イメージを膨らませてみましょう。

ママ&パパにオススメのバッグはこれ!

ほとんどのママやパパには、「ショルダータイプのバッグ」が一番オススメではないでしょうか。

親子て繋ぎ

ショルダーバッグなら、手をつないだり、子どもが疲れたら抱っこしたりするのも簡単です。身につけたまま子どもと遊ぶこともできますし、何よりモノの出し入れを素早くすることができるので、動きまわる子どもから目を離す時間も最小限にできます。

先に見たように、必要な荷物の容量は少なめで軽いので、ショルダータイプのデメリットである「肩掛けの負担」はそれほど気にしなくてよいでしょう。

また、お泊りなどの荷物が多いときには貴重品を入れるサブバッグとして重宝しますので、使いやすいショルダーバッグを一つ持っておくと便利ですよ。

ママたちの声から作られた「KABAG with」は子どもとのお出かけにピッタリ

ここまで見てきて、お出かけに便利なバッグのイメージは、かなり固まってきたのではないでしょうか。

赤ちゃんを連れてお出かけする場合とは違って、かなりコンパクトなバッグでもよさそうですし、今まであきらめてきたおしゃれで可愛いバッグも、候補に挙がってきますよね。

そんな中で、ぜひ選択肢に入れてほしいのがKABAG withというバッグです。

散歩

子育て中のママの声から生まれたこのバッグは、子どもとのお出かけにピッタリの機能が盛り込まれていて、使い勝手がいいと好評を得ています。

KABAG with」の特徴は、バッグ選びの参考にもなるはずです。ぜひ目を通してみてくださいね。

子どもと遊ぶときも身軽で安全! サコッシュタイプのバッグ

KABAG with」は、体にフィットするサコッシュタイプのバッグです。

kabag with

ここ数年流行しているタイプのバッグですが、サコッシュ(sacoche)はフランス語で「カバン」「袋」の意味。ショルダーバッグの中でも、「薄くてマチのないコンパクトな斜め掛けバッグ」を指します。起源は自転車のロードレースで使われる肩掛けバッグで、動作の邪魔をしない「軽さ」と「取り出しやすさ」が特徴です。

子どもと遊ぶとき、「身につけたままでも邪魔にならず危険も少ない」というのは大切なポイントですよね。

新定番「除菌ティッシュ」をサッと出してパッと使える

KABAG with」の一番の特徴は、「除菌グッズの専用収納ゾーンがある」「除菌グッズをサッと出してパッと使える」ことにあります。

マイビデオ-5

ここ数年で、お出かけには欠かせなくなった除菌ティッシュや除菌スプレー。でも、除菌グッズを持っていっても、バッグの中を探している間に子どもが拭きたかった場所に触ってしまったり、おやつを食べ始めてしまったり……、といった経験はないでしょうか。

KABAG with」なら、除菌ティッシュを使いたいときには、ワンタッチでフタを開けてサッと取り出せます。

除菌スプレー専用のポケットも、バッグ表面の除菌ティッシュ取り出し口の横にありますので、いつでも必要なときにすぐに取り出して「シュッ」とでき、ストレスとは無縁です。

「KABAG with」の除菌ティッシュ用ポケットはこんな仕組み

除菌ティッシュ

除菌ティッシュ(ヨコ15cm×タテ9.5cm)
スプレーボトル(高さ10.5cm、幅1.8cm)

バッグ表面のポケットに、専用の収納場所があります。チャック付きなので、万一の液体漏れも安心。

ショルダーでつり下げれば、車の後部座席やBBQのテーブルなどでも使いやすい仕様になっています。

コンパクトでおしゃれ、そして機能的

本体は230gと軽量ですが、ナイロン素材により16kgまでの重さに耐えられます。

バッグ全体は2つ折れになっていて、ファスナーを開けると本体の前後に収納がある仕様です。高さ16cm、横24.5cmとコンパクト。マチは1cmですが余裕のある作りで、2.5cm程度の厚みの長財布を入れることもできます。

外側の前後にファスナー付きポケットが一つずつあり、うち一つが除菌ティッシュ専用取り出し口つき。

さらに内側にもA6サイズの手帳が入るポケットと、中身が見えるメッシュタイプのファスナーポケットが一つずつついています。このポケットは中に入れたものをしっかりガードできるので、画像のようにパスポートや銀行の通帳を入れるなど、特に貴重なものを入れるのに適しています。

カラーはキャメル、グリーン、グレー、クロの全4色展開。ユニセックスな色とデザインなので、ママとパパで共用するのもオススメです。

ちょっとしたアクシデントも安心の撥水加工

また、お出かけにうれしい撥水加工もついています。

撥水

防水ではないものの、小雨や飲み物がかかったくらいならサッと拭きとれますし、中身へのダメージもほとんど心配はいらないでしょう。

バッグの素材には、なめらかでシワになりにくく、伸縮性に優れたツイルナイロンを使っています。光沢感もあるので安っぽくならず、オトナのデイリーユースにピッタリの質感です。

子どもとのお出かけを楽しい時間にするために

歩けるようになった子どもとのお出かけは、赤ちゃんのときとはまた違った楽しさがありますよね。ここまで見てきたように、より「サッと」「パッと」しないといけないことも多そうですが、それだけ子どもが自分でできることも増えてきたということでしょう。

けれども、子どもの成長の速度などは、みんな同じというわけではありません。

この記事では「たくさんのママやパパにあてはまっていること」を目安にして考えてきましたが、「自分と子どもだけの条件やシチュエーション」もきっとあるのではないでしょうか。

ですから、この記事を参考にして、あなたにとって使いやすいバッグを探してみてくださいね。

便利なバッグでストレスも少なくお出かけができたら、子どもとの「今の時間」のお出かけももっと楽しいものになるでしょう。そして、いつか思い出したときにも、最高の思い出がたくさんできているはずですよね。

ママのバッグ選び

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次